CABALとRSとGF日記。疲れたCABAL、ハックされまくりのRS、そして見た目より奥深いGFで遊ぶ人のブログらしい。


by albaniy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

机上理論

少し妄想もあるかもしれないけれど、今後作ってみようとしてる物理職の攻撃について語ってみようかと思います。
はっきり行って、攻撃面での物理化アルの秘密そのままだと思いますから、ネタばらしもいいとこです(ぉ

ちなみに、ベースは剣士で話しますが、他職でも相当の武具の使用で同じ事が可能かと。

一部既に実行されている方も多数いらっしゃいますし、これから先はこのスタイルが主流になるのではないかと思います←これ大事


注目すべきはクリティカル。

剣に致命打が付いているのを利用します。

タルワール+25%
秋風落葉+20%+12%

これにスカルネックレス+10%

クリティカルに関しては装備だけで30~35%発生することになります。

更に、袈裟切りのSLv50で25%。

これで、トータル60~67%のクリティカル発生。

更に更に敏捷によるクリティカル。

全弾とはいかないまでも、赤ダメ入りまくりなのは間違いなしですね。
そして、クリ率は下がりますが、インフィニやパラレルで手数を稼げます。

更に、運によるクリ→ダブクリ化。
ここに火力を補う秘密があります。

それに、ドロップもお得ですね←これかなり大事


つまり、

運400まで振り、
装備と相談して健康を確保し、
敏捷を最低レベル以上にしてクリ発生率を高め、
ダメ増の為の力をある程度振る。

剣士は力、ランサーは敏捷がそれぞれレベル毎に+1されますが、実はどちらも似たようなステになるのがお分かりでしょうか。

ちょっと説明がヘタなんで、分かりづらいかもしれませんが、運物理をやった事がある方なら言いたい事はなんとなく分かるのではないかと。

アルバニーユ283歳の例でいくと

力………450   
敏捷……280 
健康……250
運………400 ※400でほぼクリ→ダブクリ(という情報より)

適当ですが、だいたいこんな感じです。
カリスマはスカル首用に装備込み100、知恵などは必要分を確保すれば、その後は振ることは無いので割愛しています。

これで、レベルアップ毎に、力+1~3、敏捷+1~2、健康+0~1のステ振りをしていく訳です。

力が低い→クリ・ダブクリ・クラッシュでカバー
健康が低い→装備で強化、スキル・敏捷・運によるブロック・回避でカバー

そして、Gvに関しては力極よりも絶大な威力を発揮するのを付け加えておきます。


断っておきますが、あくまで机上の理論です(ぉぃ

相手の抵抗との関係、素の高いDX系武器とのダメ比較(現状のDXではクリ率が低い)の計算がいまいちはっきりしないので、武器はどれを使用するのが一番良いのかがはっきりとしていませんが、クリ発生が低い相手にはDX系上位武器、高い相手には秋風やタルワールという使い分けでいけると思っています。(秋風は素が低すぎな分速度でカバー?)


攻撃面は以上です。

防御面についても、実はこのステが活かされる事になります。
だからこのステ振りが主流になるのでは・・・と述べた訳です。

まぁ、勘の良い方(つかバレバレか)はお分かりでしょうが、この部分はまた機会がありましたら書かせて頂きたいと思います。

もちろん弱点もありますが、だからと言って、相手が全員それ用の対策をしてくるかと言われれば、はっきり言ってNOだと思います。
それに、瞬殺されるほど貧弱なHPにしなければいいだけです。

ま、レベル差が大きすぎると何やっても一緒ですけどねヽ(´ー`)ノフッ



ってな訳で、読み返しても何言ってるのかサッパリでまとまり無いですなぁ。



にげよ


ε=ε=ε=ε=ε=(o- -)o
[PR]
by albaniy | 2005-11-19 14:19 | レッドストーン